スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

大阪桐蔭、序盤は最高の攻撃でも…主導権を引き戻せず

2021年8月23日12時18分 朝日新聞デジタル

 (23日、高校野球選手権大会 近江6-4大阪桐蔭)

 大阪桐蔭はつかんだはずの主導権をじわりじわりと引っ張られ、引き戻すことができなかった。

 チャンスだったのは七回だ。4―3と追い上げられているなか、2死から藤原夏暉が右中間三塁打。チームとして三回以来の安打。しかも長打。仲間の期待を背負って打席には主将の池田陵真。だが、「何とかしようという気持ちが前に出すぎてコントロールができなかった」。低めの変化球に手を出し、三振した。

 二回までに3点二塁打とソロ本塁打で先制し、序盤は最高の攻撃ができた。だが、近江の先発山田陽翔は慎重だった投球が三回以降、力強い投球に切り替わった。「開き直った山田君に対応できなかった。やるべき野球を相手にされてしまった」と西谷浩一監督。1点ずつ追い上げられた末の逆転負けだった。

 今春の選抜は1回戦で智弁学園(奈良)に敗れた。チームが最後の夏へ、もう一度目指した「日本一」には届かなかった。初戦の東海大菅生(西東京)戦は雨による八回途中コールド勝ちで試合後の整列がなく、校歌斉唱がなかった。この日負けたことで、結局、甲子園で校歌は歌えなかった。池田は「仲間と最後まで試合をしたかった」と肩を落とした。(坂名信行)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ