スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

息子と同じ浦学野球部 挫折した父が勝敗より嬉しいこと

2021年8月22日10時06分 朝日新聞デジタル

 (21日、高校野球選手権大会 浦和学院3-4日大山形)

 浦和学院の6番打者・高松陸選手(3年)は中学3年生の時、第100回大会に出場した浦学を両親とともに甲子園で応援した。父の義幸さん(47)も浦学の野球部員だったが、厳しい練習の中、けがなどで挫折。試合に出られないまま、1年で部を去っていた。

 でも、野球が好きな気持ちは変わらず、幼い陸選手を連れてよく浦学の試合を見に行った。陸選手が浦学に入ったときも、「自分で決めたこと」と冷静だった。「俺みたいになるな。野球を楽しんで頑張れ」。そう伝え続けていた。

 陸選手は一回に二塁打を放った。外角の直球を打ち返し「抜けてくれと願いながら走った」。義幸さんは「はつらつとしたプレーを見せてくれた。勝ち負けよりそれがうれしい」。陸選手の誕生日は、義幸さんと同じ5月6日。「すごい運命でしょう。生まれ変わって、父の挫折をリベンジしてくれてありがとう」(黒田早織)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ