スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

新田、粘り強さ最後まで 接戦、日本航空にあと一歩

2021年8月22日09時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権大会の愛媛代表・新田は21日の2回戦で、山梨代表・日本航空に3―5で敗れた。3回戦進出はならなかったものの、序盤は見応えのある投手戦を展開。中盤にリードを許しても七回に追い上げをみせ、接戦を演じた。

     ◇

 ◎…新田野球の神髄は、「粘り強さ」だと岡田監督は語る。劣勢の場面で、その持ち味を発揮したが、一歩及ばず。夏2勝目には届かなかった。

 1回戦で抜群の制球をみせた先発の向井は、この日もコーナーを丁寧に突く投球。三回まで無失点に抑えたが、四回、相手打線につかまった。

 「低めに気持ちが行き過ぎて、高く抜けた」。単打5本を連ねられ、3点を奪われた。五回にも1点を与え、先発捕手の古和田にマウンドを譲った。

 古和田は緩急をつけ、六回を三者凡退に抑えた。直後の七回には、先頭打者として投手強襲の内野安打で出塁した。「甘い球は積極的に振る。それが結果につながった」。相手のエース左腕、ヴァデルナの巧みな投球を打ち崩せずにいた打線が、4番の一振りを機に反撃を始めた。

 6番山本が死球、7番乗松が中前打で、満塁に。8番福地が押し出し死球で1点を返し、9番山内の左犠飛でさらに1点。一塁側スタンドに集まった応援のボルテージは頂点に達し、ブラスバンドとメガホンの音が銀傘にこだました。

 なおも2死一、二塁で、1番長谷川が甘く入ったスライダーを強振。二塁手のグラブをはじく内野安打となり、1点差に詰め寄った。「古和田が流れを持ってきてくれて、気持ちが相手を上回った」

 九回も2死一、三塁と食い下がったが、最後は1回戦で殊勲打を放った2番入山のバットが空を切った。それでも最後まで下を向かず、全員が堂々と戦い抜いた。(照井琢見)

     ◇

 新田・古和田大耀主将 相手打線は浮いた球を、1球で仕留めてきた。チームには楽しくやっていこうと声をかけ、それぞれが声を出して役割を果たせたと思う。甲子園1勝で学校の歴史を作れた。小さい頃から夢だった舞台で野球ができて、すごくうれしかった。

     ◇

 新田・岡田茂雄監督 相手打線が向井の低めの変化球を徹底して捨ててきて、序盤からしんどいと思っていた。(救援の)古和田の投球が勢いをつけてくれた。秋のサヨナラ負けの悔しさを力に変えたチーム。甲子園で新しい景色が見られた。選手はよくやった。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ