スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

夏の甲子園 三重、2年生エース中心に光った堅守

2021年8月21日09時00分 朝日新聞デジタル

 大会第7日の20日、2回戦からの出場となった三重は樟南(鹿児島)を2―0で破り、初戦を突破した。2年生エースが9回116球の力投。八回まで毎回出塁を許したが、守備陣が堅守でもり立て、完封勝利をつかみ取った。次の3回戦は第11日の第3試合(順調に進めば24日午後1時開始予定)。敦賀気比(福井)と対戦する。

     ◇

 三重は二回、先頭の原田の二塁打と品川の左前安打で無死一、三塁の好機をつくると、続く宝田の右犠飛で1点を先制した。

 四回には、1死一塁から宝田の犠打で二塁に走者を進め、上山が中前適時打を放って2点目を奪った。

 先発のエース上山は、140キロ台の直球や切れのある変化球を低めに集めた。

 一回2死二塁のピンチで、樟南の4番麦生田に左前安打を浴びたが、左翼手の原田が本塁に好返球してタッチアウト。先制を許さなかった。

 六回1死二塁では、捕手の服部が二塁走者の三盗を阻止するなど、堅守で上山をもり立てた。

 上山は7安打を許し、九回を除いて毎回走者を背負ったが、要所を締めて完封した。(皆木香渚子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ