スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

作新エース「自分の投球で勝ちたかった」 高松商に敗退

2021年8月20日09時00分 朝日新聞デジタル

 【栃木】作新学院は19日、大会第6日の第4試合に登場して2回戦を戦い、高松商(香川)に7―10で敗れて初戦突破はならなかった。一時は5点差をつけられたが、八回に同点に追いつく粘り強さをみせた。雨の影響で延期が続き、難しい調整となったが、最後まで全力で戦い、爽やかなプレーを印象付けた。

     ◇

 甲子園初戦の先発を任されたのは、1年秋から背番号1を背負う左腕の井上力斗投手(3年)だった。

 栃木大会は直前に足首を故障して決勝まで登板機会がなかった。登板したのは決勝の2回だけだった。

 4回を投げて3失点と高松商にリードを許した。三回には無死一塁から相手の犠打を井上投手が捕球して一塁に送球。渡辺翔偉捕手(3年)は二塁に送球するよう指示していた。ここから3点を先制された。「指示は聞こえたけれど周りが見えていなかった」

 「攻める守備」がモットーの堅守の作新だが、初戦で焦りもあった。

 前日夜、小針崇宏監督から先発を伝えられた。小針監督は「エースとして1年間やってきた。その自覚を持って、甲子園に向けて一番準備ができていた。練習でも自分らしい投球ができていたので、かなり前から井上と決めていた」。井上投手も18日、「足は治ったので大丈夫。しっかり投げたい」と取材に意気込んでいた。

 180センチの長身からの直球に変化球を織り交ぜて打たせて取るのが持ち味。昨秋の県大会は石橋に敗れて4強、今春の県大会は佐野日大に敗れて準優勝に終わった。春季の関東大会では浦和学院(埼玉)相手に先発し、5回を投げて6失点と打ち込まれた。

 登録選手は全て3年生。試合後、「ほかの投手が頑張ってつかんだ甲子園。その甲子園では自分の投球で勝ちたかった。それができなくて悔しい」と唇をかんだ。

 チームは中止となった昨夏を挟んで10大会連続優勝を果たしたが、井上投手はその中心にいられなかったことが悔しかった。「甲子園で勝つことを目標にずっと一緒にやってきたが、達成できなかった。でも、最後はみんなと一体になって試合ができてよかった」(中野渉)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ