スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

東海大菅生・山田、先発つかみ二塁打 大阪桐蔭を猛追

2021年8月17日18時17分 朝日新聞デジタル

 (17日、高校野球選手権大会 大阪桐蔭7-4東海大菅生)

 東海大菅生の山田聖和(せな)は、地方大会から通じて初めての出場が「6番・左翼」での先発だった。「うれしかったけど、緊張して体はガチガチだった」

 大阪府枚方市育ち。2017年夏の甲子園で4強まで進んだ東海大菅生の強さにひかれて進学し、1年秋からベンチ入りした。

 物静かで生真面目。物事がきちんと整っていないと気が済まない。練習の準備や片付けは率先して動いた。寮では同部屋で過ごすマイペースなエース本田峻也の服もたたんであげた。「私生活の乱れは野球のプレーにも出てくる」と思っている。

 今春の選抜大会では背番号7をつけたが、3試合で代打の2打席だけだった。それからは、寮が消灯する間際まで1人でバットを振り込んだ。「地道に努力する。他の選手の手本になる存在」と指導者たちは口をそろえる。

 背番号は15に変わって、甲子園に戻ってきた。大阪桐蔭戦を前にして、打撃の調子が上向いた。「最後の最後は山田」。若林弘泰監督の言葉を励みに練習した成果をぶつける時がきた。

 4点を追う七回、右打席へ。強い雨のなか、開き直った。「気持ちで打つしかない」。直球を引っ張ると、打球は左翼手の頭上を越えた。表情を崩さず、二塁ベース上で右腕を上げた。二塁打の後に代走が送られると三塁コーチへ。自分がつくった好機に仲間が続いて二塁打が2本。迷いなく右腕を回し、3点を奪った。

 雨を切り裂いて伸びていった集大成の二塁打。「持てる力は出せた。やりきったし、悔いはない」。球審が降雨コールドを告げる姿を見て、涙が流れた。高校生活で泣くのは初めてだった。(辻健治)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ