スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

盛岡大付、茨城・鹿島学園に勝利 高校野球選手権大会

2021年8月17日09時00分 朝日新聞デジタル

 【岩手】第103回全国高校野球選手権大会で、盛岡大付は16日の第4試合に登場し、初出場の鹿島学園(茨城)を7―0で下した。平内純兵君の3点本塁打で流れを引き寄せ、尻上がりに調子を上げたエース渡辺翔真君が完封した。2回戦は21日の第1試合で、沖縄尚学(沖縄)と対戦する。

     ◇

 押され気味だった試合の流れを、副主将の1発が変えた。

 四回裏2死一、二塁、平内純兵君(3年)の狙いはまっすぐ。それが初球に来た。力強く振り抜くと、打球は大きな放物線を描き、誰もいないライトスタンドの中段に飛び込んだ。

 岩手大会で出場したのは、5試合のうち3試合で、成績は7打数2安打にとどまった。途中で交代することが多く、決勝は先発を外れた。悔しかった。

 でも、関口清治監督から「心は熱く、頭は冷静に」とかけられた言葉を胸に刻み込んだ。

 これまで打席に立つと打ちたい気持ちがはやり、体が開いたり前のめりになったりしていた。落ち着いて、自分の持ち味の強いスイングをできるまで球を待つようにした。

 さらに、低めのボール球を見極める練習を重ね、「今日はやってやろう」と臨んだ。

 その成果がこの本塁打だった。ベンチに戻ると関口監督に背中を強くたたかれた。「磨き上げてきた、点数を取る野球を次もしたい」。試合後の会見で、そう意気込んだ。

 つかんだ流れを確かなものにしたのが、六回裏の攻撃だった。

 この日チーム初安打を放った金子京介君(3年)が先頭打者で出塁すると、2四球や犠打で1死満塁に。敵失に続き、エース渡辺翔真君(同)のスクイズと、主将の田屋瑛人君(同)の適時打で4点をもぎ取り、試合を決めた。

 その渡辺君は序盤、制球が定まらず、一回表はいきなり2死満塁のピンチを招く。二、三回も走者を背負い、苦しい投球が続いた。「ないと思っていた力みや緊張が、体のどこかにあった」と振り返る。

 だが、四回表から「みんなが点を取ってくれるから、落ち着いて投げよう」と気持ちを切り替えると、持ち前のコースを突く投球を取り戻した。

 その裏に3点をもらってからは、「気持ちが楽になった」と言い、五回以降は相手打線を2安打に抑え、完封勝利を収めた。

 2回戦は初戦を8―0で勝ち上がった強打の沖縄尚学との対戦だ。「いいスタートを切れた。次も打線が作る流れに乗り、コースを突いて粘り強く投げたい」(西晃奈)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ