スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

鹿島学園が盛岡大付に敗れる 全国高校野球選手権大会

2021年8月17日09時00分 朝日新聞デジタル

 鹿島学園の挑戦が終わった。第103回全国高校野球選手権大会第4日の16日、鹿島学園は1回戦で盛岡大付(岩手)に0―7で敗れた。エースの薮野哲也投手(3年)は相手の強力打線に打ち崩されたが、春夏通じて初めて甲子園の土を踏んだ選手たちは最後まで全力でプレーした。校歌を歌うという夢は、次に持ち越された。

     ◇

 「守備で、チームを盛り上げたかった」。鹿島学園のセンター畑本拓海君(3年)は決意していた。

 五回裏、2死一塁。相手の2番打者のライナー性の打球が、左中間深くに飛んできた。

 すでに3点差をつけられている。打球が抜ければ追加点を与えてしまう。

 長打を警戒して深めに守っていた。頭上を越えるかに思えた打球だったが、「捕れる」と確信。後ろ向きに走りながらグラブを伸ばし、つかんだ。勢い余ってフェンスにぶつかって倒れたが、すぐに笑顔になって駆け出した。盛り上がる相手打線に水を差した。

 和歌山県出身。「打撃よりも守備が好き」と断言する。中学のころは投手兼センターだったが、高校ではセンターに専念。鈴木博識監督も「高校レベル以上の守備力を持っている」と信頼する存在だ。

 捕手のサインや、球場の風向きなどを見て、1球ごとに守備位置を決める。レフト、ライトに指示を出すのも畑本君だ。「相手打者に悟られないよう、こっそりやるんです」。エースの薮野哲也君(3年)の制球力があるからこそ、予想しやすいのだという。

 四回裏、薮野君が右翼スタンドに3点本塁打をたたき込まれた。「三塁打は守備位置で防げる」が信条の畑本君も、なすすべなく打球を見送った。

 しかし、それからは気持ちを切り替えた。自分の役割は長打を許さないこと。甲子園練習はできなかったが、テレビで他校の試合を見て風向きなどを確認し、守備のイメージを固めた。盛岡大付の岩手大会の公式記録を見て、打球方向などを研究した。努力があの場面の好捕につながった。

 初めて立った甲子園の舞台。四回には俊足を生かして二塁打を放った。グラウンドを縦横無尽に駆け回った。「悔しいけれど、広くて楽しく野球ができる場所でした」(伊藤良渓)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ