スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

甲子園初戦へ 士気高めた映像 三重のマネジャー編集

2021年8月17日09時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)の初戦を18日に控えている三重。その部員たちの士気を高めた映像がある。

 三重大会初戦の前日だった7月10日、部員たちが、大きなスクリーンがある校内のホールに集められた。冒頭、映し出されたのは、試合前に円陣を組む選手たちの映像。続いて、公式戦やふだんの練習中の様子、合宿で海辺を走る部員の姿など、音楽に合わせてスライドショーが始まった。

 「感謝の気持ちを胸に全員で三重の頂点、ずっと夢に見た甲子園。さあいくぞ!」。20分を超える映像の最後にはこんなメッセージが流れた。

 映像を編集したのは、マネジャーの竹川楓乃さん(3年)と大西佑佳さん(3年)。2人は写真を保護者から集め、3年生部員56人全員が6回以上登場するように構成を考え、スマホのアプリを使って編集した。徹夜で作業に取り組むこともあったという。

 大西さんは「試合中のかっこいい写真だけじゃなくて、ふだんの練習など、素が出ている写真も取り入れたのがこだわりです」と話した。右翼手の原田俊輔君(3年)は「3年生できつい練習をしてきたことや、うまくいかない時期を乗り越えてきたことを思い返した。最後のメッセージを見て泣きそうになってしまった」と感激した。

 2人のマネジャーはこの夏、調整を続ける選手たちの体調管理や洗濯など、身の回りのサポートをしている。竹川さんは「野球をしているときは、みんながキラキラして見える。甲子園でも、キラキラ輝く姿が見られたら」と話す。

 選手権大会は悪天候で順延が続いたが、18日にいよいよ、鹿児島代表の樟南と対戦する。(岡田真実)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ