スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

日本一の壁は高かった 明豊初戦敗退

2021年8月17日09時00分 朝日新聞デジタル

 【大分】日本一の壁は高かった。第103回全国高校野球選手権大会で、16日に専大松戸(千葉)と対戦した明豊は0―6で敗れた。選抜大会で準優勝に終わり、「夏こそ日本一」の目標を掲げて臨んだ夏の舞台だった。夢の実現は後輩たちに託された。

     ◇

 「控え選手の分まで全員で日本一になろうという思いだった。申し訳ない気持ちでいっぱいです」。幸修也主将(3年)は試合後に語った。

 九回表1死、打席に立った。それまで無安打。とらえた打球は右前へ。一塁上で真剣なまなざしをベンチへ向けた。「諦めていなかった。ベンチで、つないで1本出そうと言っていた」と振り返った。だが、後続が断たれ試合が終わった。

 春の選抜以来、スマホの待ち受けは、東海大相模の選手が優勝して喜ぶ姿の画像だ。幸主将は「あの悔しさは決して忘れることができなかった」と振り返る。

 春夏連続出場は楽ではなかった。大分大会での初安打は、準々決勝の柳ケ浦戦での本塁打。大会前の試合で右手小指に死球を受け、調子を落としていた。しかし、本塁打をきっかけに打棒が戻り、「これで日本一をめざせる」と思った。

 県外出身者が多い明豊で、幸主将は別府市出身。明豊では1年からベンチ入りした。最初は自宅通学だったが、「チームをまとめるためにも、寮に入った方がいい」と考え、2年生になる直前に入寮。生活をともにすることでチームを引っぱり、まとめてきた。

 「後輩たちは、今やっていることで本当に日本一になれるのか、常に考えてやってほしい」。果たせなかった夢を後輩に託した。(倉富竜太)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ