スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

明桜、5得点でノーゲーム 「もう忘れます」監督は苦笑

2021年8月12日10時54分

 第103回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)は12日、第1試合の帯広農(北北海道)―明桜(秋田)が、明桜の5点リードの四回終了時点で雨のため一時中断した後、天候の回復が見込めないことから大会本部はノーゲームを決めた。

 「これはもう忘れます」。明桜の輿石重弘監督は苦笑した。先発したエース右腕風間球打(きゅうた)は4回無安打、どのイニングも打者3人で抑えた。打線も二回までに石田一斗の適時打などで5得点し、投打でかみ合う完璧な試合運びだった。その矢先のノーゲームに「悔しい部分もある」と中井稜貴主将。「天候のことなので仕方ない。また一からリセットします」と気持ちを切り替えていた。

     ◇

 帯広農は四回まで無安打。四死球で走者を出したが、走塁ミスなどが響き、好機を広げられなかった。「序盤から厳しい戦いになっていた。もっとチャレンジャー精神で、思い切ってぶつかっていかないと勝利には届かないと思う。仕切り直したい」と前田康晴監督。佐伯柊主将は「気持ちを明日に向けて切り替えていく。一つ一つ丁寧にやっていきたい」。恵みの雨にしたい。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ