スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

県岐阜商と明徳義塾の「名将」対決、両監督に聞く

2021年8月12日09時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権大会で、県岐阜商は大会3日目の12日、第2試合(午前10時半試合開始予定)で明徳義塾(高知)と対戦する。秀岳館(熊本)を3季連続甲子園4強に導いた県岐阜商の鍛治舎(かじしゃ)巧監督(70)と、甲子園通算51勝を挙げている明徳義塾の馬淵史郎監督(65)。ともに「名将」と言われる2人に相手チームの印象や、意気込みを聞いた。

 ――相手校の印象は

 鍛治舎 甲子園常連校で攻守隙のないチーム。代木(しろき)大和投手を中心に、吉村優聖歩(ゆうせふ)、矢野勢也両投手ら2年生の投手もいると聞く。

 馬淵 好球必打で甘い球は若いカウントからどんどん打つ積極的なチーム。特に高木翔斗(しょうと)選手は大事なところで打つので注意したい。

 ――相手監督の印象は

 鍛治舎 選手がどんなレベルでも非凡な野球ができる監督。勝率が高く、隙がない。甲子園での戦い方を知り尽くしている。

 馬淵 どこに行っても短期間でチームをつくり上げる手腕はすごい。直接対決は初めてで非常に楽しみ。胸を借りるつもりで挑戦したい。

 ――自チームの売りは

 鍛治舎 全員野球でやってきて、どこからでも打つことができる。1人エースのチームではなく投手も5人いる。

 馬淵 守備は内外野ともに近年の中で一番良い。攻撃で軸となる選手がいないので、鍵を握るのは投手。しっかり投げて守ることが大事。

 ――理想の試合展開は

 鍛治舎 ない。ゲームは動くものだ。そのときの流れによって、融通無碍(むげ)で手を打っていく。覚悟を決めて試合を進めていきたい。

 馬淵 打ち合いになったら太刀打ちできないので、ロースコアの戦いにできるかどうか。あわよくば1点でも先制して逃げ切りたい。

 ――初戦への意気込みは

 鍛治舎 甲子園に限らず初戦が一番難しい。選手がスムーズに試合に入れるよう調整していく。目の前の試合に全力を傾ける。

 馬淵 大監督率いる名門校と試合ができるのは名誉なこと。出るからには良いゲームをしたい。良いゲームをすればそれなりの結果が出てくる。(佐藤瑞季、羽賀和紀)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ