スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

初戦のカギを握るのは 阿南光と沖縄尚学の両監督に聞く

2021年8月12日09時00分 朝日新聞デジタル

 【徳島】第103回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)に出場する阿南光は、日程が順調に進めば大会第4日の13日、第3試合(午後1時開始予定)で沖縄尚学との初戦を迎える。阿南光の中山寿人監督と沖縄尚学の比嘉公也監督に、相手校の印象や意気込みなどを聞いた。

 ――相手校の印象は

 中山 比嘉監督は沖縄尚学の投手として選抜で優勝され、監督としても優勝に導かれた。まさに甲子園の強豪のイメージがある。

 比嘉 徳島大会では失点が少なく、接戦をものにしてきている。粘り強いチームだと思う。

 ――警戒する相手選手は

 中山 エースの當山君は沖縄大会で無失点で、その他の投手陣も多彩。打撃では3番打者の仲宗根君の安打数が抜きんでている。

 比嘉 身長180センチを超える左腕の森山君。大柄な投手は荒れることがあるが、彼は大崩れせず制球もよい。ストレートも変化球も同じ腕の振りで投げている。ボール球に手を出さないことを心がけたい。

 ――自チームで鍵となる選手は

 中山 なんと言っても投手の森山。相手打線をどれだけ抑えられるかだと思う。バッテリーを中心にしっかり守りたい。

 比嘉 相手投手がいいだけに、うちの投手が崩れると厳しい展開になる。バッテリー間の呼吸がポイントになる。

 ――理想の試合展開は

 中山 ロースコアの勝負に持ち込んで、1点差を争う好試合にしたい。そうすれば必ずどこかで勝てるチャンスが出てくる。

 比嘉 バッテリーを中心にしっかり守り、必要以上の失点は避けたい。ロースコアの戦いが理想だ。

 ――初戦への意気込みを

 中山 甲子園で優勝経験のある相手と試合をやれるチャンス。チームの一人ひとりが持てる力を出し切り、好勝負にしたい。

 比嘉 子どもたちはあこがれの甲子園で勝つことを目標にしてきた。一戦必勝でいく。それだけです。(聞き手・吉田博行、遠山武)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ