スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

頂点めざし一歩一歩 二松学舎大付と東海大菅生

2021年8月11日09時00分 朝日新聞デジタル

 球児のみなさん、お帰りなさい――。第103回全国高校野球選手権大会が10日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。2年ぶりに戻ってきた夏の甲子園。二松学舎大付(東東京)と東海大菅生(西東京)は、はつらつと入場行進した。

 開会式では、山崎育三郎さんが大会歌「栄冠は君に輝く」を独唱。「♪雲はわき 光あふれて」。歌詞のごとく、甲子園は前日の荒天とはうって変わり、青空と白い雲が球児たちを見おろし、太陽の光が降りそそいだ。「♪若人よいざ 一球に一打にかけて 青春の賛歌をつづれ」と歌い、各校にエールをおくった。また、式典では八田英二・日本高野連会長が「本当にお帰りなさい」と言葉をかけた。

 ただ、コロナ禍であることは変わらない。いつもの入場行進と違い、選手はマスクを着用。グラウンドを1周する行進はせず、外野に整列後、本塁側へ歩いた。前進する時のかけ声もない。

 しかし、選手たちは誇らしげだった。左翼から右翼に、北海道、東北、関東の順で並んだ。14番目に二松学舎大付が紹介されると、元気よく前進。次に東海大菅生の名前が呼ばれた。

 二松学舎大付は、東東京大会の優勝旗を持つ関遼輔主将(3年)を先頭に力強く歩いた。ベンチ入りの18人が、両腕を大きく振り、芝生の感触を確かめた。関主将は開会式後、代表取材に「甲子園はテレビで見て憧れた通りで、鳥肌が立った。(初戦は)相手に隙を見せずに戦い、勝ちに行きたい」と答えた。

 その横に並んだ東海大菅生。前を見据え、歩いた。栄塁唯主将(同)は「本当は部員全員でグラウンドに立ちたかった。昨夏、独自大会の西東京大会で優勝したのに、甲子園に出られなかった先輩たちにも立ってほしかった。託された思いと一緒に甲子園に来て、行進した。一致団結して戦っていく」と代表取材に話した。

 天候が順調なら、14日の初戦で東海大菅生は、3年ぶり11回目の出場で5度の優勝を誇る大阪桐蔭と対戦。二松学舎大付の相手は、11年ぶり6回目の夏の甲子園となる西日本短大付(福岡)だ。両校が目標に掲げる決勝は26日となる。東東京大会は139校、西東京大会は132校が出場した。東京の球児の思いも背負い、頂点を目指す両チームの「長い夏」が始まった。(御船紗子、木村浩之)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ