スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

「すごく大きいなと」甲子園開幕、前橋育英の選手行進

2021年8月11日09時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)が10日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。午前9時に始まった開会式では、群馬大会の優勝旗を手にした皆川岳飛(がくと)主将(3年)を先頭に、前橋育英の選手たちが行進した。

 台風の影響で1日遅れての開幕となったが、この日は青空が広がった。出場校は外野の位置から前方に行進し、前橋育英は11番目に登場した。1校ずつ行進して各校が横一列に並んだ後、全体が一斉に内野に向かって行進した。

 参加選手は全員マスクを着用し、かけ声もなし。大会は無観客のため、スタンドには開幕試合に出場する学校関係者のみという状況だった。

 皆川主将は甲子園について「小さい頃からの夢の場所。スタンドからしか見たことがなかったが、足を踏み入れてみるとすごく大きいなと感じた」。周囲の選手からも「圧」を感じたという。「きょう甲子園で感じたことを受けて、残りの練習に取り組み、試合に臨みたい」と意気込みを語った。

 選手たちは6日に関西入りし、連日練習に励んでいる。10日午後は大阪府内のバッティングセンターやグラウンドで計2時間半、打撃や守備の練習に取り組んだ。初戦は第5日の14日、第4試合で京都国際(京都)と対戦する。(中村瞬)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ