スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

甲子園の土踏みしめ初行進 茨城・鹿島学園、開会式で

2021年8月11日09時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権大会が10日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。初出場の茨城代表・鹿島学園は、開会式で甲子園の土を踏みしめ、堂々と行進した。

 新型コロナウイルスの影響で2年ぶりの開催となった今大会は、感染防止対策で入場に一定の制限が設けられた。開会式も一般客の姿はなく、1チームずつ球場を一周する例年の行進は簡略化された。全国49代表は外野位置に一度横並びになり、順に前へ進み出る形で行進した。鹿島学園は、プラカードを掲げる市立西宮高校の生徒に先導され、福島代表の日大東北に続いて行進した。

 鹿島学園の甲斐竣介主将(3年)は「グラウンドに入った瞬間、不思議な力を感じた。甲子園の土を踏んで、全員で勝つという気持ちを新たにした」と語った。鈴木博識監督は「公式練習がない分、外野の位置に立って球場の広さを感じるいい機会になったのでは。選手らには楽しんでほしい」と話した。(伊藤良渓)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ