スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

「戦う球児たちが集まった」 神戸国際大付の主将が実感

2021年8月11日09時00分 朝日新聞デジタル

 2年ぶりとなる夏の甲子園に、チームカラーの青地にオレンジが入った帽子をかぶった選手たちが、その歩みを刻んだ。10日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した第103回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)。神戸国際大付の選手たちは、台風9号の影響で1日順延となった開会式に臨んだ。

 「兵庫代表、神戸国際大学付属高校」。30番目にアナウンスされると、兵庫大会の優勝旗を持った西川侑志主将(3年)に続き、選手たちが本塁方向へと進んだ。広がった青空のもと、選手たちは引き締まった表情を浮かべ、堂々と歩いていた。

 新型コロナ感染対策のため、式は簡略化され、場内を回る行進は見送られた。「自分たちが見ていた開会式とは違ったが、コロナ下であるということを感じながらも、甲子園の土を踏めてうれしい」と西川主将。

 それでも、今大会の開会式は全49校が勢ぞろいした。今春の選抜では、開幕日の試合に出場した神戸国際大付を含む6校に限られただけに、西川主将は「戦う球児たちがここに集まったんだな」と実感したという。

 初戦は12日の第3試合。相手は、今春の選抜でも対戦した北海(南北海道)だ。開会式を終えた西川主将は「北海には選抜では勝利したが、いいピッチャーもいる。しっかり打ち崩して勝利につなげたい」と意気込んだ。(西田有里)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ