スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

作新、気引き締め堂々行進 全国高校野球・開会式

2021年8月11日09時00分 朝日新聞デジタル

 【栃木】第103回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)が10日、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕した。49校が参加し、午前9時に始まった開会式では、作新学院の選手たちが引き締まった表情で胸を張って行進した。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、グラウンドを1周する従来の入場行進はとりやめた。全選手が外野に整列し、北から順番に1校ずつ行進し、各校が横一列に並んだ後、全校が一斉に声を出さずに内野に向かって行進した。

 作新学院は10番目に紹介された。プラカードを掲げる市立西宮高の女子生徒に先導され、栃木大会の優勝旗を持った田代健介主将が先頭に歩いた。

 田代主将は開会式について「緊張はしなかった。いい風が吹いて意外と涼しかった。甲子園の雰囲気や風を感じて、『ここで試合をやるんだ、やってやる』という気持ちが芽生えた」と話した。

 初戦は大会第6日の15日、第2試合で高松商(香川)と対戦する。

 田代主将は「相手は本当に強いチームだと思うので、自分たちらしく、粘り強く、一球に食らいついていくという気持ちを忘れずに戦っていきたい」と意気込みを語った。

 選手たちは6日に大阪市に入り、連日練習に取り組んでいる。(中野渉)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ