スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高松商、甲子園で堂々行進 主将「実感湧いた」

2021年8月11日09時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高野連主催)が10日、阪神甲子園球場で開幕した。開会式に臨んだ香川県代表の高松商の選手たちは甲子園の土を踏みしめ、堂々と行進した。

 新型コロナウイルスの感染防止対策として、今年はグラウンド一周の行進は取りやめになった。外野に整列した出場校の校名が読み上げられた後、一斉に内野へ向かって前進。高松商は香川大会の優勝旗を手にした山崎悠矢主将(3年)を先頭に、ベンチ入り18人が引き締まった表情で歩を進めた。

 山崎主将は開会式後、「試合のイメージが湧くとまではいかないが、ここでやるんだという実感は湧いた。全員がベストの準備をして臨みたい」と話した。

 選手たちは開会式に参加した後、兵庫県内のグラウンドで練習。実戦形式の守備など、普段通りのメニューを約2時間こなし、汗を流した。

 大会は台風9号の影響で開幕が1日延期になり、高松商の初戦は大会6日目(15日予定)の第2試合で、栃木県代表の作新学院と対戦する。(谷瞳児)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ