スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

2年ぶりの甲子園 堂々行進 熊本工

2021年8月11日09時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高野連主催)が10日、阪神甲子園球場で開幕した。台風9号の影響で大会の日程が1日順延されたため、熊本工の初戦は13日の第1試合になった。長崎代表の長崎商と対決する。

 開会式は午前9時に始まり、北から順に47都道府県49チームが行進した。熊本工は45番目に登場。新型コロナウイルスの感染対策で全員がマスクをし、前を向いて堂々と進んだ。

 熊本大会の優勝旗を持って行進した沼丈真主将(3年)は開会式後、リモート形式の取材に「どのチームも県内の学校と違う雰囲気を持っていた。2年前と違って一般の観客がいなくて少し寂しいが、その分あまり気負わずに自分たちの野球をして勝ちたい」と話した。

 熊本大会で1番打者だった古閑健太郎選手(3年)は「2年ぶりにきたが初めてグラウンドに足を踏み入れた。スタンドからの景色と違って臨場感があった。早くここでプレーしたい」と意気込んだ。(屋代良樹)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ