スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

夏の甲子園開幕 三重の選手が夢舞台で力強く行進

2021年8月11日09時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)の開会式が10日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開かれた。三重の選手たちは、甲子園のグラウンドの感触を確かめるように、一歩ずつ力強く行進した。

 台風9号の影響で、10日に順延となった開会式。新型コロナウイルス感染防止のため、49代表の選手たちはマスクを着け、前後左右1メートル以上の間隔を空けて外野に整列。校名が北から順にアナウンスされた。

 「三重代表、三重高校」。その言葉を合図に、三重大会の優勝旗を掲げた池田彪我(ひゅうが)主将(3年)を先頭に、選手たちは胸を張り力強く本塁方向へ前進した。式が終わると、池田主将は「夢に見ていた甲子園の舞台に立ててうれしかった。三重代表として恥じないように歩いた」と語った。

 開幕が順延となり、三重の初戦も15日に変更となった。第3試合で樟南(鹿児島)と対戦する。池田主将は「(初戦までの日程が)長くなっても自分たちのやることは変わらない。順延の影響はありません」と力強く話した。

 沖田展男監督によると、9日は休養日にあて、10日は午後から本格的な練習に臨んだという。沖田監督は「学校にいるときは追い込む練習をしてきたので、初戦に向けて、実戦に近いような練習をしていきたい」と話していた。(岡田真実)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ