スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

「甲子園が始まった」 開会式で愛工大名電が行進

2021年8月11日09時00分 朝日新聞デジタル

 【愛知】第103回全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催)が10日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止になったため、開催は2年ぶり。

 開会式には49代表が参加。グラウンドを一周する入場行進は取りやめ、事前に外野に整列し、本塁方向へ行進するなど簡素化された。マスク着用などの感染防止策も講じられた。

 3年ぶり13回目の出場となる愛工大名電は田村俊介主将(3年)を先頭に行進。田村主将は「外野から球場に入った時に甲子園大会が始まったんだなと実感した。マスク着用や入場行進など例年と違うこともあったが、コロナ禍でも大会が開催され、甲子園のグラウンドに立てたことがうれしい」と話した。

 11日の第4試合で東北学院(宮城)との初戦を迎えるが、「キャプテンとしてチームを引っ張るほかにも、個人としていい成績を残すなど自分のすべきことをしっかりとやりきりたい」と力を込めた。

 寺嶋大希投手(3年)は「(大会歌を独唱した俳優・歌手の)山崎育三郎さんが来るとは知らなかったので、目の前に現れた時はすごくびっくりした。歌もうまかったので感動しました。初めての甲子園なので緊張もすると思うが、いつも通りのピッチングで無失点に抑えたい」と話した。(仲川明里)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ