スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

浦和学院、初戦の相手は日大山形に 甲子園開幕

2021年8月11日09時00分 朝日新聞デジタル

 【埼玉】第103回全国高校野球選手権大会(日本高野連、朝日新聞社主催)が10日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕し、開会式で浦和学院の選手たちも大きく腕を振り、グラウンドを歩いた。また、16日に行われる予定の初戦の相手は、開幕試合で勝った日大山形(山形)に決まった。

 台風のため開幕が1日順延となったが、10日は青空が広がった。新型コロナウイルス感染予防のため、開会式では右翼後方から場内を回る例年の入場行進はとりやめになり、外野に整列した49校の選手らが本塁方向へ前進する方式に簡略化された。埼玉大会は開幕試合を戦う2チームのみが参加した「開始式」で、吉田瑞樹主将(3年)は「開会式に参加できてうれしい」と話した。

 初戦の相手の日大山形は、開会式後に行われた開幕試合で米子東(鳥取)を4―1で下した。日大山形について、吉田主将は「全体的にレベルが高い。スイング一つ見ても簡単にアウトにはできないと思った」。この日の打撃練習では「相手投手をイメージしながら取り組んだ」という。高松陸選手(同)は「しっかり守って攻撃につなげたい」と意気込んだ。

 森士監督は「甲子園を熟知した戦いをしているという印象で、洗練されたチーム。お互いの良い部分を出せたチームが勝っていくと思う。自分たちの強みを出していきたい」と話した。(黒田早織)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ