スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

2年ぶりの甲子園 盛岡大付の選手、堂々行進

2021年8月11日09時00分 朝日新聞デジタル

 【岩手】第103回全国高校野球選手権大会の開会式が10日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場であった。台風9号の影響で1日遅れになったが、前日とうって変わった青空のもと、盛岡大付をはじめ、全国の代表49校の選手が2年ぶりになる甲子園の土を踏みしめた。

 式では、新型コロナウイルスの感染防止のため、選手たちは例年のようにグラウンドを1周せず、外野に整列したあと、本塁に向け行進した。盛岡大付の選手18人は全員がマスクをつけ、腕を肩の高さまで振って堂々と歩いた。

 田屋瑛人主将(3年)は岩手大会の優勝旗を手に、先頭を歩いた。「ギアが1段上がった感じ。テレビで見て、『すごい』と思っていたチームといい試合ができるよう準備してきた。びびらずに自分たちの野球をしたい」と意気込んだ。

 4年ぶりの夏の甲子園になる関口清治監督は「球場の周りもアルプスも人がいなくて雰囲気が違うが、やはりいい場所。初戦も今日のように落ち着いてプレーしてほしい」と話した。

 式のあと、選手らは午後3時から約2時間、兵庫県内の球場で練習に励んだ。初戦は13日午後3時半開始予定の第4試合で、初出場の鹿島学園(茨城)と対戦する。(西晃奈)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ