スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

本盗に横っ跳びキャッチ 日本航空の俊足が勝利呼び込む

2021年8月10日19時44分 朝日新聞デジタル

 (10日、高校野球選手権大会 日本航空4-0東明館)

■日本航空 久次米陸士遊撃手

 足には自信がある。

 六回2死一、三塁で出た重盗のサイン。練習してきたプレーだった。三塁上で「自分がかえって、絶対1点取ろう」と気合を入れ直した。小学6年の時は陸上もやっていて、100メートル走で県6位。今も50メートルは6秒ジャストで走る。

 捕手の二塁送球と同時にスタートを切った。カットした遊撃手から返球されたが、タッチをくぐり抜け、左手でベースを掃いた。「タイミングはアウトかもしれなかったけど、気持ちだった」。先取点をもぎ取り、右手を大きく突き上げた。

 遊撃の守備でもチームを救った。三回1死二塁、鋭いライナーを横っ跳びで好捕した。抜けていれば先制されていた。

 父の大介さんも市川(山梨)でプレーした元球児だ。1991年春に4強、夏は8強入りし、「ミラクル市川」と呼ばれたが、当時はまだ1年生。2、3年の時は甲子園に行けず、小さい頃から「甲子園、出ろよ」と言われてきた。最後の夏に主将としてその夢をかなえた。

 「お父さんの分も甲子園に出て、こうやって勝つことができたのでよかった」。泥だらけのユニホームでにっこり笑った。(大坂尚子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ