スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

日大山形・米子東の両監督に聞く 甲子園開幕戦の挑み方

2021年8月8日13時15分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権大会は9日、開幕試合で米子東(鳥取)と日大山形(山形)が対戦する。米子東の紙本庸由(のぶゆき)監督(40)と日大山形の荒木準也監督(49)に、互いのチームの印象や意気込みなどを聞いた。(大久保直樹、福岡龍一郎)

     ◇

 ――相手校の印象は

 紙本 甲子園の常連校で、例年強打のイメージ。バットをしっかり振ってくる大型の選手がいて、力強い野球をされる印象がある。正面からぶつかっていくには本当にいい相手だと思う。

 荒木 チーム打率が4割3分というのはすごい。全員が打っている印象だ。土俵際に追い込まれてからのメンタルの強さも感じる。最後の最後まで気を抜けない相手だ。

 ――理想の試合展開は

 紙本 投手が頑張ってゲームを作り、野手が一個ずつアウトを積み重ね、打者は積極的にいいボールを初球から振っていく。そんな「いつもの野球」をしたい。ただ全国の舞台なので。そう簡単にはいかないと思っている。

 荒木 先取して、リードを守りながら勝ち切ること。ただ、開幕戦なので、そううまくいかないとも思っている。バッテリーの力で、なんとか三回までを最少失点に抑えたい。

 ――相手校で注目する選手は

 紙本 斎藤堅史君や滝口琉偉君ら投手がいい。この2人をどう打っていくか。斎藤君はマウンドでの振るまいにエースらしい風格を感じるし、滝口君は強いボールを投げる印象がある。

 荒木 太田舷暉(げんき)君。17打点は全国でもトップレベルだ。本塁打5本と長打もある。自分たちも山形大会の決勝で本塁打を打たれ、流れが傾きかけたので警戒したい。

 ――自チームでカギを握る選手は

 紙本 投手の舩木佑、藪本鉄平、寺井大貴に加えて今回は山崎壮を入れている。この4投手がどう試合を作ってくれるかがカギを握る。甲子園ではもう一段厳しい攻めをしていかないといけない。

 荒木 1番の秋葉光大や2番の新田大樹が出塁できるかがカギとなる。山形大会では7盗塁ずつ決めた俊足の2人なので、塁に出れば相手投手へのプレッシャーにもなると思う。

 ――初戦への意気込みを

 紙本 今春の選抜で鳥取城北さんが1勝され、この夏に勝てるかは鳥取県にとっても大きなこと。(2019年夏甲子園の初戦で敗退した)自分たちにとっても「甲子園で勝つんだ」という2年越しの思いがある。何としても勝ちたい。

 荒木 まずは目の前の1戦を何が何でも勝利に結びつける。開幕戦とはいえ、周囲の注目を気にせずにプレーしたい。きれいな野球じゃなくていい。バットの根本でも先っぽでも、とにかくヒットを打つ。熱く、泥くさく、粘り強い野球を体現したい。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ