スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

春の「忘れ物」、持って帰る 明豊、甲子園へ出発

2021年8月7日09時00分 朝日新聞デジタル

 【大分】第103回全国高校野球選手権大会に4年ぶり7回目の出場を決めた明豊の選手らが6日、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)に向けて出発した。普段ならJR別府駅を利用するが、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、駅での混乱を避けようとバスで北九州市に向かい、JR小倉駅から新幹線で甲子園に向かった。

 この日、校舎前の「学問の広場」で出発式を行った。岩武茂代校長が「春の選抜大会であれだけ大活躍した甲子園の舞台に戻れますね。仲間に感謝し、今まで支えてくれた方に感謝をしましょう。甲子園ではのびのびと楽しく野球をやってきてください」とあいさつ。その後、隣接する明星小学校2年の安東蓮さんと加藤峻司さんが、同級生らで必勝を願って折った鶴を選手らに手渡した。

 幸修也主将は「春の選抜大会で準優勝と悔しい思いをして、その悔しさを思い出しながらこれまでずっと練習してきた。春の忘れ物は、甲子園でしか取り戻せない。甲子園では一戦一戦勝ち上がって、深紅の大優勝旗を持って帰れるようがんばります」と力強く語った。

 大会日程が順調に進めば、明豊は12日午前10時半から、春夏連続出場の専大松戸(千葉)と初戦を戦う予定。(倉富竜太)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ