スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

闘志燃やし、9日に初戦 愛媛・新田、18人の横顔紹介

2021年8月6日09時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権大会に愛媛代表として出場する新田は開幕日の9日、静岡代表の静岡と戦う。初戦を前に、新田の選手18人を紹介する(丸数字は背番号)。(照井琢見)

     ◇

①向井駿貴投手(2年)

 甲子園からエースナンバーを背負う右腕。走者を背負ってからの粘り強さが強み。好きな言葉は「自己錬磨」。

 ②古和田大耀(たいよう)捕手(3年)

 主将で4番、正捕手で投手の「四刀流」で、チームを引っ張る。「地味に足も速いので、走塁も見てほしい」

 ③乗松慶太内野手(2年)

 愛媛大会決勝では6番打者として、八回に適時二塁打。趣味は音楽を聴くこと。兄・幹太さんは6年前の主将。

 ④近平侑甫(ゆうすけ)内野手(3年)

 広角に打てる3番打者。釣り好きで、船釣りに出かけて70センチのマダイを釣った。「釣りも野球も辛抱が大事」

 ⑤入山雄太内野手(3年)

 チームのバント職人。帽子のつばに「平常心」と記す。ガールズグループ「TWICE」のチェヨンさん推し。

 ⑥山内欣也内野手(2年)

 1年秋からショートを守る内野の要。つなぐ打撃に徹してきた。趣味は「睡眠」、好きな言葉は「情熱」。

 ⑦新納(にいの)蒼大(そうだい)外野手(3年)

 ガッツある5番打者。愛媛大会準々決勝で3点本塁打を放った。筋トレが趣味で、「打撃には広背筋が大事」。

 ⑧長谷川聖天(せいや)外野手(3年)

 選球眼が良く、好機に強い1番打者。小説が好きで、乃木坂46の高山一実さん著「トラペジウム」がお気に入り。

 ⑨中村凌貴(りき)外野手(2年)

 愛媛大会決勝では7番打者で3点適時二塁打を放った。「One for All, All for One」がモットー。

 ⑩菊池優希冶(ゆきや)投手(3年)

 古生物学者を志す、横手投げ右腕。好きな恐竜はトリケラトプス。「草食なのに肉食恐竜に対抗できるから」

 ⑪岡田海成捕手(2年)

 しまなみ海道の今治・大島出身。2016年の広島カープの25年ぶりのリーグ優勝が人生で最も印象に残っている。

 ⑫福地情(じょう)捕手(3年)

 愛媛大会では背番号2をつけ、主将・古和田の球を受けた。乃木坂46が好きで、推しメンは遠藤さくらさん。

 ⑬大内悠平外野手(2年)

 宇和島市出身。打撃に力があり、接戦だった愛媛大会3回戦で中前に適時打を放った。「猪突(ちょとつ)猛進」がモットー。

 ⑭大内翼空(よくあ)内野手(3年)

 頼れる一塁コーチャー。名前には、「大きな世界で羽ばたけるように」との願いが込められているそう。

 ⑮高木太陽外野手(2年)

 5歳から10年間ピアノを習っていた。内野も外野も守れる守備能力の高さと、強い肩が持ち味。夢は警察官。

 ⑯島袋桐悟(とうご)内野手(3年)

 沖縄県出身の三塁コーチャー。攻撃前は、一塁コーチャーの大内翼と本塁近くからコーチスボックスへ全力疾走。

 ⑰山本聖也(せな)外野手(2年)

 今春の四国大会では8番左翼。愛媛大会はベンチ入りを逃したが、甲子園でメンバー入り。足で相手をかき回す。

 ⑱西原海成内野手(3年)

 チームの声出し番長。「いいメンタルでプレーできるように」と積極的に声を出し、常にチームの士気を高める。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ