スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

日本航空、初戦は東明館 高校野球組み合わせ抽選会

2021年8月4日09時00分 朝日新聞デジタル

 【山梨】第103回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が3日、オンラインであった。日本航空は大会初日(9日)の第3試合で、佐賀代表の東明館と対戦することが決まった。日本航空は13年ぶり6度目の出場で、東明館は春夏通じて初の甲子園。投手を中心に地方大会を勝ち抜いてきた両校が激突する。

     ◇

 抽選会に日本航空の久次米陸士主将(3年)は甲斐市の同校の校長室から参加した。まず、初戦での対戦を避けるため、代表校が2校ある東京と北海道の出場校が先にくじを引いた。その後は、事前に行われた予備抽選の順に久次米主将は23番目にくじを引くと、大会初日の9日第3試合(午後3時半)を引き当てた。その後、対戦相手が東明館(佐賀)に決まった。

 組み合わせ決定後、久次米主将は「一戦一戦、目の前の試合を戦っていきたい」と意気込みを語った。豊泉啓介監督は「選手たちにとっては日本航空が甲子園に出たのもはるか昔のような感覚。最高の準備をして臨みたい」と話した。

 東明館は、地元の基山町が町を挙げて応援する構えで、盛り上がりを見せている。日本航空はコロナでインターハイ県予選への出場がかなわなかった仲間の思いを背負い、甲子園に乗り込む。(玉木祥子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ