スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

作新、初戦は高松商と 高校野球、組み合わせ抽選会

2021年8月4日09時00分 朝日新聞デジタル

 9日に開幕する第103回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が3日にオンラインであり、栃木代表の作新学院は大会第6日の14日、第2試合で香川代表の高松商と対戦することが決まった。

 作新学院は、くじを引く順番を決める予備抽選で全49校中44番目に決まった。田代健介主将(3年)は校内で、パソコンの画面を見ながら残りの中から44番の封筒を選んだ。封筒の中に入っていた札は「21A」。高松商と対戦することが決まった。

 高松商は1900年創立の古豪で、中止となった昨夏の大会を挟んで2大会連続の甲子園出場。作新は58年の選手権大会に初出場した際、準々決勝で対戦して2―1で勝った。61年の選抜大会では2回戦で戦い、0―2で敗れた。

 田代主将はアナウンサーに意気込みを問われ、「高松商は激戦区を戦ってきた本当に強いチームですけどワクワクしています。今年の作新は、一人ひとりが役割を全うし、一球に食らいつくチーム。粘り強い野球で、支えてくれた方々への恩返しも込めて一戦一戦を大事に戦いたい」と話した。

 小針崇宏監督はオンライン取材に「高松商は伝統校で、勝つことに慣れている印象がある。試合までに攻撃力と得点力の向上をめざし、投手陣はいい状態で臨みたい。どんな試合になるのかまだ予想もつかないが、積極性をいかして序盤に集中し、先に流れをつかみたい」と話した。(中野渉、平賀拓史)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ