スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

初戦の相手は二松学舎、粘り強く「勝つ」 西日本短大付

2021年8月4日09時00分 朝日新聞デジタル

 初戦の相手は好投手を擁し、激戦を勝ち抜いたチーム――。3日、第103回全国高校野球選手権大会のオンライン抽選会があり、福岡代表の西日本短大付は、13日の大会5日目第3試合で、東東京代表の二松学舎大付との対戦が決まった。

 抽選会で、西日本短大付の池田翔主将(3年)は引き締まった表情で「1番」のくじを選んだ。相手が決まると、緊張がほどけたのか、少し笑みをこぼした。

 二松学舎大付は、東東京大会の準決勝で帝京、決勝で関東第一と、甲子園にもたびたび登場する強豪を倒してきた。左腕エースの秋山正雲君(同)はほとんど四死球を出さず、失点もわずかな好投手。

 西日本短大付の西村慎太郎監督は、エース大嶋柊君(同)や主力打者の活躍に期待し、主将とともに「粘り強い戦い」での勝利を誓った。(吉田啓)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ