スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

新田、初戦は静岡と 第1日第2試合 夏の高校野球

2021年8月4日09時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が3日、オンラインであった。愛媛代表の新田は大会第1日となる9日の第2試合(午後1時開始予定)で、静岡代表の静岡と対戦することが決まった。

 例年、抽選会は大阪市のフェスティバルホールで開かれていた。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、代表校の合宿期間の短縮を図ってオンラインで実施。新田の古和田大耀(たいよう)主将(3年)は、松山市の学校から参加した。

 抽選順は12番目。制服姿で緊張した表情の古和田主将は「26」と書いた白い紙を掲げて「新田高校、26番です」と読み上げた。

 試合は開幕日。学校によると、別室で中継を見守った選手たちはどよめいたという。対戦相手は49代表の最後にくじを引いた静岡に決まった。選手たちはすぐにミーティングをして、「やってやるぞ」と気を引き締めたという。(照井琢見)

     ◇

 9日に開幕する第103回全国高校野球選手権大会に、愛媛代表として初出場する新田高校への愛媛県応援旗贈呈式が3日、県庁であった。中村時広知事は「甲子園では全国から強豪校が集まるが、(新田は)厳しい愛媛大会を勝ち抜き、堂々と戦える実力がある。思う存分戦って」と激励。出席した岡田茂雄監督らは甲子園での活躍を誓った。

 中村知事から「行けるか?」と声をかけられた古和田大耀(たいよう)主将は、「はい、大丈夫です」とキレのある声で返事をして、出席者をわかせた。古和田主将は「甲子園では一戦必勝で、全力でプレーをするので、応援をよろしくお願いします」とあいさつした。(伊東邦昭)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ