スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

宮崎商が宮崎市長を表敬訪問

2021年8月3日09時00分 朝日新聞デジタル

 9日開幕の第103回全国高校野球選手権大会に出場する宮崎商の選手らが2日、戸敷正・宮崎市長を表敬訪問した。中村碧人(あおと)主将は「県勢初の優勝をめざします」と決意を表明した。

 訪問したのは、中村主将のほか、橋口光朗監督、渡辺龍樹副主将、日高大空投手ら。門田誠校長が、宮崎大会での優勝と甲子園への春夏連続出場決定を報告し、「宮商らしい『守り勝つ野球』ができるよう調整中です」と話した。

 戸敷市長は中村主将に激励金20万円の目録を手渡し、「古豪復活。宮崎の太陽の下で培った力を甲子園で発揮してほしい」と励ました。中村主将は「選抜で達成できなかった『甲子園で勝つ』というのが目標。支えてくれた人に感謝しながら一戦一戦をたたかい、県勢初の優勝をめざしたい」と話した。

 一行は、この日朝に庁舎に掲げられた「祝 甲子園出場」の懸垂幕の前で記念撮影をし、改めて必勝を誓った。3日にオンラインで抽選会があり、対戦校が決まる。(佐藤修史)

 第103回全国高校野球選手権大会に出場する宮崎商を応援しようと、同窓会や野球部OB会などが特別後援会を組織し、寄付金を募っている。

 甲子園出場に伴う野球部員や応援団の移動・滞在、野球部の道具類の整備などに充てるためで、目標額は5千万円。詳細は宮崎商のウェブサイトに掲載。問い合わせは後援会事務局(0985・22・8218)。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ