スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

「優勝旗持ち帰る」 甲子園に向け壮行会 県岐阜商

2021年8月3日09時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催)に出場する県岐阜商の壮行会が2日、岐阜市則武の校舎で開かれた。新型コロナウイルス感染症対策のため、応援団以外の生徒約1千人は教室からオンラインで参加した。

 新型コロナの影響で昨夏の選手権大会が中止になったことを踏まえ、鍛治舎(かじしゃ)巧監督は「昨年の3年生の思いとともに、頂点をめざして一戦ずつ戦っていく」とあいさつした。高木翔斗主将(3年)は「全国制覇を達成し、優勝旗を持って帰ってくる。応援よろしくお願いします」と決意を語った。

 吹奏楽部が事前に録音した校歌に合わせて、応援団がエールを送って締めくくった。

 高木主将らは壮行会後、県庁に古田肇知事らを訪ねた。鍛治舎監督は、決勝を終え、その日のうちに練習を再開したと報告。「甲子園にはあまり緊張感なく入っていけると思う」と話した。古田知事はコロナ対策に注意を促し、「戦後(県勢は甲子園の)決勝の惜しいところで負けている。ぜひ頂点を極めていただきたい。生きている間にそのシーンを見たい」と激励した。

 高木主将は「応援団、吹奏楽部の人たちと一緒に戦い、一つでも多く勝ちたい」と意気込みを語った。3日には岐阜市役所を訪れる予定。

 大会は阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で9日に開幕する。組み合わせ抽選会は3日にオンラインで開かれる。(佐藤瑞季、高木文子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ