スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

広島新庄・広島商元監督の迫田さん、福山高監督に就任へ

2021年9月1日09時00分

 広島商業高校や広島新庄高校の野球部監督を務め、甲子園に導いた迫田守昭さん(75)が来年4月、福山市立福山高校(広島県)の野球部監督に就任する。福山市が8月31日に発表した。

 迫田さんは広島商、慶応大、三菱重工業広島で捕手としてプレー。2000年から母校の広島商を率いて春夏2回、07年からは広島新庄監督として春夏4回の甲子園に導いた。昨年3月に広島新庄監督を退任後、福山市側が招請した。

 市立福山は中高一貫校で1学年の定員は中学120人、高校200人。普通科のみで広島県東部から生徒を募集してきたが、来春の入学生から全県に募集を広げる。現在の高校野球部員は女子マネジャー3人含む1、2年生計19人。今夏の全国高校野球選手権広島大会は初戦敗退だった。

 福山市は、市立福山の防球ネット、屋外照明、ピッチングマシンなどを整備するため、2670万円の補正予算案を9月議会に提案する。

 迫田さんは取材に「学業中心の公立校で甲子園を目指すことにやりがいを感じた。限られた練習時間のなかで工夫しながら、高校野球の見本となるような強いチームを作りたい」と話している。(蜷川大介)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ