スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高岡商が4大会連続優勝 春優勝の高岡第一に雪辱果たす

2021年7月30日17時55分 朝日新聞デジタル

 (30日、高校野球富山大会決勝 高岡商11-4高岡第一)

 高岡商の部員の多くは大会前アンケートの「最も印象的な出来事」の欄に「春の県大会決勝で高岡第一に負けたこと」と書いていた。

 雪辱した。2点差に詰め寄られた七回、先頭の3番堀内慎哉が選んだ四球を足場につないでいく。単打2本に犠打3本。相手のミスにも乗じて4点を奪い、勝負をほぼ決めた。

 春のスコアは2―4。得点力不足を解消しようと、吉田真(まこと)監督は打線を組み替えて今大会に臨んだ。石黒和弥を1番に置くなど、上位を強打者で固めた。一回の3得点は1、2番の連続長短打が口火になった。

 打順によっては、大きい当たりを狙わず、こつこつとつなぐ意識も浸透した。七回の4得点はそんな姿勢が実を結んだ。石黒は「チーム全体、迷わずいけた。甲子園では北陸勢初の日本一を取りたい」。(内田快)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ