スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月29日の高校野球 兵庫

2021年7月30日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権兵庫大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の最終日は29日、ほっともっとフィールド神戸(神戸市須磨区)で決勝があり、神戸国際大付が、12年ぶりの夏の甲子園を狙った関西学院を7―3で下した。4年ぶり3度目の優勝を果たし、春夏連続での甲子園出場を決めた。新型コロナウイルスの感染拡大で昨夏は中止となり、2年ぶりに開催される全国選手権は、8月9日に阪神甲子園球場(西宮市)で開幕する。

     ◇

 「どうや、行けるか」

 「九回、行きます」

 甲子園まで、アウト三つ。神戸国際大付の背番号「9」阪上翔也君(3年)が監督から送り出され、最終回のマウンドに立った。

 「思いっきり行こう」。スライダーと直球で打者2人を打ち取り、迎えた3人目の打者。自信のある直球で一塁ゴロに。ゲームセット。「よっしゃー」。ベンチからこぶしを突き上げた仲間が一気に飛び出した。

 自分で投げて、もう一度甲子園の舞台に戻りたかった。

 最速147キロの本格右腕。昨秋の県大会は決勝で完封するなど優勝の原動力に。今春の選抜はエースナンバーを背負って臨んだ。

 2試合ともに先発したが、初戦の北海(北海道)戦では初回に暴投するなど、二回途中で降板。続く仙台育英(宮城)戦でも再び初回に暴投し、4失点で二回途中にマウンドを降りた。

 「もっと投げたかった」「納得いくピッチングがしたかった」。後悔が残ったまま甲子園を去った。

 巻き返しの夏へ。上半身に頼っていた投球フォームは下半身主導に見直した。打撃面では足を上げていたバッティングフォームをすり足に変えると、ミート力が上がった。

 そして今大会。「奮起して欲しい」と青木尚龍(よしろう)監督から託された背番号は「9」だった。

 まずは、バットで結果を出した。初戦の初打席から本塁打を放ち、打率は今大会通じて4割5分8厘。打点も9を数えた。

 選抜後、公式戦では登板がなかったが、マウンドにも戻った。4回戦の武庫荘総合戦で先発し、6回で被安打1の好投をみせた。直球もスライダーも、本来の力を取り戻せたと感じた。

 続く5回戦の明石商との試合では完投した。準決勝の報徳学園との試合にも先発した。

 決勝では、背番号10の楠本晴紀君(2年)に先発マウンドを譲ったが、打者として三回に直球を振り抜いて左翼線に二塁打を放ち、逆転につなげた。1点差に迫られた五回には、スライダーを捉えて右前適時打を放った。

 三人で締めくくった九回は「自分のピッチングができた」。自分の力で最後の打者を打ち取り、悔しい思いを残したままの甲子園に戻れる。甲子園では「阪上、すごいなって思って欲しい」。はにかみながら汗をぬぐった。(西田有里)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ