スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月29日の高校野球 島根

2021年7月30日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権島根大会は29日、出雲市の県立浜山公園野球場で決勝があり、石見智翠館が無安打無得点試合で大社を破り、中止の第102回大会を挟んで2大会連続11回目の優勝を果たした。県高野連によると、島根大会の決勝では初の記録。石見智翠館は、8月9日に阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕する全国選手権大会に出場する。

     ◇

 九回2死。優勝だけでなく、無安打無得点試合もかかった石見智翠館の山崎琢磨君(3年)のそばに、内野陣が集まった。「バッターと勝負だ」。山崎凌夢主将(3年)から声をかけられた。

 左手のグラブで、右肩から腕へとなで下ろす。力で抑えようとする癖を出さないよう、自分に言い聞かせるための動作だ。

 2球目、打球は二塁手の正面に転がった。一塁手が送球を受けると、右腕を突き上げて仲間と喜びを爆発させた。

 偉業の達成までには、挫折もあった。昨秋の県大会を制し、優勝するつもりで臨んだ中国大会で、岡山学芸館に初戦負け。先発した山崎君は計5失点だった。

 「今までで一番悔しかった。やってきたことが甘かったと自覚した」

 その後、肩に違和感を覚え、投球を控えることに。けがの不安と戦いながら、下半身強化と食事の体づくりに力を入れた。冬の間に体重は7キロ増やし、肩に負担をかけないフォーム改善にも取りくんだ。

 この日は、伸びのある直球で序盤から三振の山を築いた。細かい制球力もつき、末光章朗監督は「故障中のトレーニングとフォーム変更がプラスになった」と評価する。

 投球の合間に、笑顔も見せた。ほどよく力が抜けたフォームから投げ込まれた球は、最後まで球威が落ちなかった。

 全国の強豪と戦う舞台へ、また行ける。「やってきたことを崩さず、今まで通りにやれば負けない」。目標は甲子園で勝つことだ。(榊原織和)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ