スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月29日の高校野球 岐阜

2021年7月30日04時00分 朝日新聞デジタル

 36年ぶりの「岐商」同士の頂上決戦は県岐阜商が制した――。第103回全国高校野球選手権岐阜大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)は29日、岐阜市の長良川球場で決勝があった。終盤まで1点を争う接戦となり、第2シードの県岐阜商が第1シードの市岐阜商に4―3で勝ち、春夏連続で、夏は9年ぶり29回目の甲子園への切符を手にした。選手権大会は8月9日に阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕する。

     ◇

 自分が甲子園に連れて行く。みんなを勢いづける――。二回裏、県岐阜商の4番打者・高木翔斗(しょうと)主将(3年)は強い気持ちで打席に向かった。

 絶対に負けられない試合だった。マウンドには、今春の県大会準々決勝で苦戦し敗れた市岐阜商の田近優太投手(3年)。5球目のスライダーを無心で振った。打球は左翼席に入り、先制となる高校通算20本目の本塁打となった。「狙っていなかったけれど体が勝手に反応した」。ダイヤモンドを笑顔で回った。

 選手権大会が中止となった昨夏、県岐阜商では新型コロナウイルスの影響で、県独自大会への出場を辞退した。昨秋の新チーム発足後は「先輩たちのぶんまで頑張ろう」と練習に打ち込んだ。今春の選抜大会に出場できたが初戦敗退、県大会は4強入りを逃した。

 「夏は絶対に勝つ」。長打力を高めようと、ロングティー打撃やノーステップ打法の練習時間を増やした。主将、捕手、4番打者としての役割を意識した。全体練習後もバットを振り続けた。努力が実り、今大会の本塁打は、決勝を含めて3本。23打数9安打8打点と活躍した。

 決勝当日の朝、鍛治舎(かじしゃ)巧監督から「結果はすべて思いの差。思わないことは叶(かな)わない。悔いのないよう全力でやれ」と声をかけられた。先制したが中盤にリードを許した。それでも焦ることなく、「気持ちで勝とう」と声をかけ続けた。

 優勝決定の瞬間、マウンドでチームメートから囲まれた。バッテリーを組む野崎慎裕(のりひろ)投手(3年)は「彼がキャプテンでよかった」。九回表、一打が出れば同点とされるピンチでも、捕手の高木主将から「冷静に、冷静に」と声をかけられ、気持ちが落ち着いた。

 試合後、高木主将は「春の負けがあったから今の僕たちがある。そう思える試合になってよかった」と振り返った。めざすは全国制覇。「まだまだ課題があるので、これから調整していく。昨夏、甲子園をめざせなかった先輩たちの思いも背負って、一戦必勝で臨む」。大舞台を前にさらなる活躍を誓った。(佐藤瑞季)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ