スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月28日の高校野球 富山

2021年7月29日04時00分 朝日新聞デジタル

 富山大会は28日、富山市民球場で準決勝2試合があった。第1試合は投手戦となり、高岡商が富山商に競り勝った。第2試合は高岡第一が中盤以降の集中打で、砺波工にコールド勝ちした。決勝は30日午前10時から同球場であり、高岡商と高岡第一が対戦する。

     ◇

 三回表2死三塁。1点をリードされ、追加点はもうやれない場面。富山商のエース岩城颯空(はくあ)君(3年)は動じなかった。

 打席には高岡商の4番打者、近藤祐星君(2年)。ファウルで粘られたが9球目、低めのスライダーにバットが空を切った。3者連続三振。ベンチに戻り、仲間とグラブでハイタッチをして喜んだ。

 1年生からベンチ入りしたが、2年の夏休みに左ひざを負傷。思うように投げられない日々が続いた。試合で活躍する仲間を見ると「置いていかれる気がした」。冬場、黙々とトレーニングを重ねた。今春の県大会からようやく投げられるようになり、努力の成果が出て球威もアップした。

 今大会は「エースで4番」。チームの大黒柱として臨んだ。3回戦は7失点、準々決勝は6失点と苦しい試合が続いたが、全て先発してチームを引っ張った。

 この日の相手は、ライバルでもある強豪高岡商。「やりたかった相手」。序盤から投球に気合が入った。スライダーを低めにうまくコントロールし、毎回のように三振を奪う。強力打線から計14三振。敗れはしたものの、最後までマウンドを守り抜いた。

 試合後、岩城君は「自分の力は出し切れた。悔いはない」と汗をぬぐった。前崎秀和監督は「素晴らしいピッチングをしてくれた。もっと高いレベルを目指して欲しい」とエースの今後に期待を寄せた。(井潟克弘)

     ◇

 「ナイスボール!」

 砺波工の主将、沖田慧信君(3年)は劣勢でも、一塁の守りからチームを鼓舞し続けた。先発9人のうち6人が2年生の若いチーム。「内野陣で3年生は自分だけ。人一倍、声を出そうと心がけた」

 嫌われ役になっても、言うべきことは言う。そう心に決め、たるんだプレーがあれば率先して厳しい姿勢を示してきた。

 ただ、主将になった当初は「自分のプレーがうまくいかないと態度に出ていた」。高橋将志監督も「周りが見えず、自己中心的なところがあった」と振り返る。「自覚してたけど、なかなか直せなかった」。気持ちの波を減らそうと、冬はメンタルトレーニングにも力を入れた。

 昨秋と今春の県大会は、ともに初戦敗退。重ねた悔しさが、ノーシードで迎えた今大会の原動力になった。3回戦でシード校の新湊を破ると、準々決勝では昨夏の独自大会で準優勝した石動を相手に九回逆転勝ち。「自分の声が届いた部分もあった。出し続けて良かった」

 この日の準決勝は及ばなかったが、チーム一丸で戦えた実感はある。「主将にしてもらったのに、自分のわがままで迷惑をかけたこともあった。それでも、ついてきてくれたチームメートに『ありがとう』と言いたい」(竹田和博)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ