スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月28日の高校野球 大阪

2021年7月29日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権大阪大会は11日目の28日、5回戦8試合があり、8強が決まった。5月の春季近畿地区高校野球大会府予選の決勝と同じ顔合わせとなった大阪桐蔭と近大付との対戦は、大阪桐蔭がコールド勝ち。興国は1点を死守し、東海大大阪仰星に競り勝った。29日は準々決勝4試合がある。

     ◇

(28日、高校野球大阪大会 近大付1―8大阪桐蔭) 近大付の捕手、畠野哲弥君(3年)は大阪桐蔭相手に1点リードの二回裏、先発投手の山田大聖君(3年)が2連続で四球を出すと「直球も変化球も決まっているから大丈夫。このままでいい」と落ち着かせた。この回だけで畠野君は4度、マウンドの投手のもとに駆け寄った。

 肩でもみせた。2連続四球の直後、次打者相手のボール球を捕球し、素早く二塁に投げた。二塁から大きく飛び出していた走者を刺し、笑顔を見せた。

 畠野君が正捕手になったのは今年の春から。もともと捕手としてプレーしていたが、1年秋、監督に内野手への転向を命じられた。

 新チームになって最初の昨秋の大会は背番号18。ベンチから試合を見守った。その大会の後、正捕手だった選手がけがをした。畠野君は、藤本博国監督(51)に「キャッチャーをやらして下さい」と直談判した。

 捕手に戻って意識したのは「投手と一つになること」。畠野君は練習中から、投手がコーチたちとどんな課題に取り組んでいるのか、どんな癖があるのか観察した。

 「頭から突っ込んでいる」「肩が開くのが早かった」など、気になることがあればすぐに声をかけた。藤本監督は「投手へかける言葉をたくさん持っている。エース山田の成長を支えたのは畠野だった」と評価。今春の大会から背番号2を渡した。

 畠野君が考えたコミュニケーションは言葉だけではない。この試合、投手からの球をキャッチすると、毎回大きくうなずいて返球していた。その日投げられる最高の球を投げてくれていると思い、「自分はナイスボールと体で表現したかった」と畠野君。ピンチの場面では「一つずついこう」、ピンチを乗り越えれば「ナイスピッチャー!」と最後まで投手とチームをもり立て続けた。

 大阪桐蔭とは昨秋の3回戦、今春の決勝でも対戦し、いずれも敗れていた。この夏こそ勝って甲子園に、と意気込んでいたが、「相手のリズムにしてしまい、悔いが残る」と畠野君は静かに話す。野球は高校で終わりにするつもりだ。近大付での2年半、「最初はへたくそでも、最後までやりきってあきらめへん気持ち、忍耐力がついた」。(甲斐江里子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ