スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

甲子園練習、コロナでできないから…あの丸みを手作り

2021年7月29日14時27分 朝日新聞デジタル

 全国高校野球選手権大会に出場する松商学園(長野)が、甲子園球場を想定した練習をしている。新型コロナ感染防止のため、今年は例年と違って開幕前の甲子園練習がない。それでも初戦までに球場の特徴に慣れておこうという工夫だ。

 野球部の松宗勝部長(41)がいう甲子園球場の特徴は「外野ポール際のフェンスの丸み」。守備時に一、三塁のライン際を低い打球で破られた場合、外野フェンスの丸みに沿って打球がセンター方向に転がっていくことが多いという。外野手がその処理に手間取ると、走者に余計な進塁を許すことになる。

 そこで松宗部長は板を使って仮想の丸みを作り、ボールを転がして外野手6人に練習させている。夜久亮太選手(3年)は「追いかけないで、先で待って捕る意識を大事にしたい。練習できて良かったです」と話していた。(高億翔)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ