スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月28日の高校野球 鳥取

2021年7月29日04時00分 朝日新聞デジタル

 鳥取大会は28日、米子市のどらやきドラマチックパーク米子市民球場で決勝があり、延長戦の末、米子東が鳥取商を破り、中止になった第102回大会を挟んで2大会連続、15回目の優勝を果たした。米子東は8月9日から阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開かれる全国大会に出場する。

     ◇

 1点を追う延長十回、1死満塁。1人で170球近くを投げていた米子東のエース、舩木佑君(3年)が打席に入った。「大きいのは狙わない。はじき返せば何点か入るはずだ」

 昨秋にひじを手術後、腕がしっかり伸びず、投球でも打撃でも不調に苦しんだ。ひたむきな練習で少しずつ調子を取り戻し、この日も強打の鳥取商打線を相手に、粘りの投球を続けていた。

 3点を追う九回、中前打を放ち、準決勝までに4本の本塁打を放った太田舷暉君(2年)の打席につなげた。太田君は起死回生の同点本塁打を放ち、「佑さんが頑張っていたので、ムードを変えたかった。いつも通りのスイングが出来た」。

 十回も1点を勝ち越されたが、直後に仲間がつくってくれた逆転サヨナラの好機。狙い球を直球に絞り、バットを振り抜いた。手応えはなく、「打ちとられたか」と思ったが、飛球は右翼手の頭を越えた。

 「けがをしてチームに迷惑をかけてきた。みんなに支えられていたので、自分が勝利を呼び込まなくてはいけないと思っていた」。紙本庸由監督も「エースが戻ってきた、という感じ。感謝しかない」と活躍を喜ぶ。

 春の県大会は決勝で米子松蔭に大差で敗れ、この日のために厳しい練習を課してきた。だが、目標はあくまでも甲子園での1勝だ。

 「まだまだ弱いところがあり、大会までに成長できる。甲子園で一つでも多く勝ちたい」と表情を引き締めた。(大久保直樹)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ