スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

主将・監督ら県庁訪問 甲子園へ抱負

2021年7月29日09時00分 朝日新聞デジタル

 【山梨】第103回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高野連主催)に県代表として出場する日本航空の豊泉啓介監督と久次米陸士(くじめりくと)主将(3年)らが28日、県庁を訪れ、長崎幸太郎知事に甲子園出場を報告した。長崎知事は「甲子園で暴れて」と激励した。

 日本航空では6月に校内で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生し、インターハイ県予選出場を辞退した部もあった。久次米主将は「山梨県代表として日本一を取りにいく。インターハイを辞退することになった仲間の思いも背負って、全力で頑張りたい」と決意を述べた。

 長崎知事は「コロナで下向いている状況だが、スポーツで頑張っている姿こそが多くの人の励みになる」とたたえ、「全国一を取るつもりで暴れていただきたい」と期待した。

 この日、篠原雅成校長も同行し、新型コロナを乗り越えて決勝戦の接戦を制したことに「技術だけでなく、精神的にもたくましく成長した生徒をうれしく思う」と話した。

 日本航空は13年ぶり6回目の出場。全国大会は8月9日、阪神甲子園球場で開幕する。(玉木祥子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ