スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

京都国際、春夏連続の甲子園 センバツの苦い経験が教訓

2021年7月28日19時23分 朝日新聞デジタル

 (28日、高校野球京都大会決勝 京都国際6-4京都外大西)

 京都国際は春夏連続の甲子園。

 1―2と逆転を許し、なおも1死満塁の二回。マウンドに上がった2年生左腕の森下瑠大(りゅうだい)は「何があっても強気で」と内角攻めを貫いた。押し出し四球と犠飛で2点を追加されたものの、三回以降は無失点。味方の再逆転の流れを呼び込んだ。6―4の九回には2人の走者を背負ったが、最後も内角の直球でピンチを切り抜けた。

 脳裏にあったのは、今春の選抜大会での苦い経験だ。東海大菅生(東京)との2回戦で、外角に逃げた配球があだとなり、九回に逆転サヨナラ負けを喫した。甲子園行きの切符がかかる状況で教訓を生かし、捕手の中川勇斗(はやと)は「勝負に迷いはなかった」と胸を張った。(高岡佐也子)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ