スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

初球は89kmのカーブ 優勝導いた西日本短大付エース

2021年7月28日11時00分

 (27日、高校野球福岡大会 西日本短大付5-0真颯館)

 打者も虚をつかれたように見送った山なりのスローボールが、捕手のミットに収まった。決勝の初回。西日本短大付のエース大嶋柊(しゅう)君(3年)が最初に投じたのは球速89キロのカーブ。初回は得意じゃない――。自分を落ち着かせようと考えた一球だった。この回を無難に切り抜け、上々の立ち上がりへとつなげた。

 準決勝は12安打を浴び、8点を失ったが、仲間たちの反撃で逆転サヨナラ勝ちをし、決勝に進むことができた。「次は自分が抑えて、必ずみんなと甲子園に行く」。そう心に決めて上がったマウンドだった。

 休養日の26日は午前中にキャッチボールなどで軽く体を動かし、午後はマッサージや長めの入浴で疲労回復に努めた。睡眠も8時間ほど取った。しかし、2日前の準決勝を176球で完投した疲れは残っていた。試合序盤はツーシームを多く投げた。直球より少し遅く、打者の手元で変化する。この球で相手の打ち気を誘い、何度も凡打に打ち取った。

 六回1死一、二塁のピンチでもペースを崩さず、丁寧な投球で4番打者から三振を奪い、5番打者は一塁ゴロに打ち取った。9回を被安打3で完投。相手走者が二塁に進んだのは2度だけで、流れを渡さなかった。

 試合前の思いの通り、自身の投球で仲間たちに甲子園への切符をもたらした大嶋君は、この日も124球を投じた。「いっぱい食べて、たくさん寝ます」。まずは体の疲れを取って、あこがれの大舞台へ向かう。(吉田啓)

     ◇

 初回。2ストライクから読み通りに来たチェンジアップを三宅海斗君(3年)が左前に運ぶと、西日本短大付に先制点が入った。

 真颯館のエース・松本翔君の投球を動画で見て、配球を分析。「追い込まれた後のチェンジアップで浮いてきた球をとらえよう」と臨んでいた。五回にもそのチェンジアップを捉え、チームに3点目をもたらす適時二塁打を放った。

 七回にはあわや本塁打という二塁打を放つなど、4打数3安打2打点。捕手としては低めへのリードを徹底し、点を許さなかった。

 4番で捕手という役目を果たした三宅君は試合後、「ほっとした」と話した。甲子園に向け「打撃でも貢献し、投手のよいところを引き出せるリードをしたい」と語った。(杉山あかり)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ