スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高校野球愛媛大会きょう決勝 聖カタリナか、新田か

2021年7月28日09時00分

 第103回全国高校野球選手権愛媛大会は28日午前10時、松山市の坊っちゃんスタジアムで決勝戦がある。今春の選抜大会に出場した聖カタリナと、今春の県大会で優勝した新田が戦う。互いに初めての夏の甲子園がかかる一戦。見どころを紹介する。(照井琢見、足立菜摘)

 注目は初回。

 大会屈指の好右腕、聖カタリナのエース桜井に対して、新田打線がどんな攻撃を仕掛けるか。主将の古和田は「アウトを恐れず、初球から思い切り振っていく。気持ちでは絶対に負けたくない」。

 新田のチーム打率は2割台だが、準々決勝では新納が3点本塁打を放った。岡田監督は「硬さは解けてきた。まだまだ打てる」と自信を見せる。

 1990年春の選抜大会では準優勝し、「ミラクル新田」と呼ばれた。3年ぶり8度目の決勝だが、岡田監督は「準優勝盾はもういらない」。

 聖カタリナは創部6年目で初の決勝。越智監督は「終盤勝負がうちのやり方」と語る。初回をゼロに抑えて、自分たちのペースに持っていきたい。

 準決勝では前半に2点をリードされながら九回に追いつき、延長に持ち込んでサヨナラ勝ち。主将の小沢は「選抜大会から粘る力がついてきた。やることをやれば、勝てない試合はない」と言い切る。

 1点差で競り負けた選抜大会の経験を糧に、ふたたび赤い旋風を巻き起こす。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ