スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月27日の高校野球 島根

2021年7月28日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権島根大会は27日、出雲市の県立浜山公園野球場で準決勝2試合があった。ノーシード同士の第1試合は大社が益田東を破り、第2試合は石見智翠館が浜田をコールドで下した。決勝は29日午前10時から、同球場である。

     ◇

 「俺まで回せ!」。九回2死。次打者席で益田東の藤波翔君(3年)は、心の中で叫んでいた。しかし、目の前で最後の打者が三振に倒れ、試合終了。悔しさをにじませた表情で整列に加わった。

 「絶対に逆転できると信じていた。もっと自分がやれたはずなのに……。何も考えられない」。試合後、声を絞り出した。

 打撃力はチーム随一。この試合でも、中軸として三塁打と左前打の2本の適時打を放つ勝負強さを見せ、劣勢の中でもベンチを盛り上げ続けた。「自分は『つなぐ4番』。どんな形でも後ろに回すのが仕事。その意味ではとりあえず役割は果たせたとは思う。でも、自分がもっと打っていれば……」と、また敗戦の責任を口にした。

 益田東のすきのない野球にあこがれ、埼玉県草加市の中学校から進学。鋭いスイングで広角にライナーを打ち分ける打撃が持ち味だ。バット以上に野球センスも見込まれ、大庭敏文監督からこの夏、「ゲームキャプテン」に指名された。試合前は監督と一緒に相手投手の攻略法を研究し、仲間に情報を伝えるのが日課となった。

 この試合も、チームは勝った大社と並ぶ11安打と成果を出し、大庭監督も「やるべきことをやってチームに貢献してくれた」とたたえた。

 「益田東に来て、野球よりも人として成長できたと思う」。静かに振り返った顔に、もはや涙はなかった。(杉山高志)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ