スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月26日の高校野球 京都

2021年7月27日04時00分 朝日新聞デジタル

 全国高校野球選手権京都大会は26日、わかさスタジアム京都で準決勝2試合が行われ、京都外大西と京都国際が決勝に駒を進めた。京都外大西は、西村瑠伊斗(るいと)君の2打席連続本塁打で主導権を握り、乙訓を4―1で破った。京都国際は21安打と打線が力を発揮し、11―8で東山との乱打戦を制した。決勝は28日。京都外大西は11年ぶり、京都国際は初の夏の甲子園出場を目指す。

     ◇

 「ヨイショー!」

 東山の主将、山中颯馬君は叫びながら自信のあるストレートを投げ続けた。どんなにピンチの場面でも、負けん気で、思いっきり。

 京都国際に2点を勝ち越された八回表1死二塁。先発投手の橋本翔太君から山中君に投手を交代した。足立景司監督からの伝令は「しんどい場面で投げさせてしまってごめん。けど、頼む」。山中君は笑顔を見せた。「自分なら抑えられる」。この回、続く2人の打者を打ち取った。

 元々控えめな性格で「主将はキャラではなかった」と話す。主将を辞めたいと口にしたこともあった。

 チームは、課題だった「気持ちの弱さ」を克服するため、春季府大会後、毎日2人ずつ全員の前で甲子園への思いをスピーチしてきた。「京都で絶対優勝する。だけどそれは、他のチームの夏を終わらせるという覚悟を持とう」。誰よりも大きな声で語った。

 九回に3点追加され昨秋の府大会の雪辱は果たせなかったが、山中君は「勝負強いチームに成長できたことを誇りに思っている」。(富永鈴香)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ