スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

7月26日の高校野球 茨城

2021年7月27日04時00分 朝日新聞デジタル

 第103回全国高校野球選手権茨城大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)は26日、ノーブルホームスタジアム水戸で決勝があり、鹿島学園が常総学院を3―2で破って、春夏通じて初の甲子園出場を決めた。

 鹿島学園は初回、死球や犠打などを絡めて3点を先制。エース薮野が八回まで常総打線を2安打に抑える好投で逃げ切った。春の選抜大会に出場した常総学院は九回裏に四球や連打で2点を挙げて猛追したが、届かなかった。

     ◇

 「この打席でも、打てそう」。なぜかわからないが自信があった。

 一回表1死満塁、いきなり来たチャンス。打席には鹿島学園の5番打者、平塚将馬君(2年)が入った。準決勝までの打率は4割6分を超え、チームの攻撃を引っ張ってきた。

 2球目。狙っていた直球ではなく、チェンジアップが来た。なんとか合わせた。「落ちてくれ」と思いながら走ると、打球は左翼手の前に落ちた。先制の2点適時打となり、塁上で笑顔を見せた。

 大会直前、ぼんやりと不安を感じ、夜な夜な1人で素振りをするようになった。寮の玄関を入ってすぐの広いホールで、窓ガラスに映った自分の姿を見ながら毎日30分くらい振った。「打席に立つ自分を想像すると緊張するけど、何もしないよりはマシ」。本番に備えた。

 この日の適時打は「素振りのおかげで無心で打席に入れた」とはにかんだ一方、「守備は全然だめです」とも。三塁手として守りにつき、九回裏には飛んできた強いゴロを捕りきれず、直後に1点差に迫られた。

 「甲子園は持っている力以上のプレーが出来る場所。もっと練習を重ねて、打撃でも守備でも活躍したい」(藤田大道)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ